お知らせ
◆平成26年度 建設電気技術研究発表会
  
   河川、道路、建築施設等に関わる電気通信技術は、施設の運用管理、情報提供や災害対策等で
必要不可欠な技術として様々な分野に実装されて公共インフラとして機能しています。
  一方で東日本大震災等における大規模な被害や台風等による豪雨災害の頻発等に対する対応
や、中央高速道路笹子トンネル崩落事故に伴う維持管理や施設の長寿命化対策、さらには省エネル
ギー対策、情報化等の新技術等への喫緊の対応等が求められています。
  それらの課題に対応するため建設電気通信技術分野において、国の地方組織、研究所や高速
道路会社等の技術者相互、設備供給者の技術者並びにこの分野に知見を有する学識者等が一同に
会して関連する技術や対応についての研究発表や意見交換、産官学の技術者交流の場として「建設
電気技術研究発表会」を開催しました。

  
平成26年度 建設電気技術研究発表会は、
お陰様をもちまして無事終了いたしました。
ありがとうございました。
   



当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。
copyright(C) 2001 Association of Electricity and Telecommunication Engineering
for Land and Infrastructure. all rights reserved.
協会の紹介
お知らせ
 ・H27 技術研究発表会
 ・講演会・講習会
 ・建設技術展示
災害時の支援活動
災害時等の支援概要
災害時の活動報告
防災活動への貢献の証明
技術に関する話題
用語解説
基礎講座
発行図書のご案内
発行図書一覧
正誤表等
注文書
案内図
所在地・連絡先
入会等申込書
リンク集
省庁等へのリンク
団体会員へのリンク